フライフィッシング

2013年9月 8日 (日)

雨の休日・・・フライを巻く・・・。

今日は予報通り雨です。

朝から会社に行って、プロジェクトの遅れの巻き返し・・・・・。

昨日リフレッシュしたおかげか、何とか遅れを挽回できたような気がしたので

昼前に帰ってきました。

9月になって、急に気温が下がってきています。

この気温・・・・もう少しでスモークを作るのに丁度良くなってきます。

トラウトのスモーク・・・・が作りたくなってきました。

ニジマス、イワナ、ヤマメ、これらの魚はスモークしても美味しく頂けます。

岩手の渓流は9月末で遊漁期間が終わります・・・もうカウントダウンです。

トラウトの養殖物はスーパーでも売っています・・・・が・・・ボクは釣った魚を頂きたいので、

急遽フライを巻くことにしました。久しぶりに巻くフライ・・・思い出しながらなんとか形には

なってくれました・・・魚に見切られそうですが・・・。

F1000001

F1000002

F1000003

F1000004

どこの川に行くかも決めていないのに・・・巻くフライも適当です。

フライは、川によって生息する昆虫の種類が違うし、時間帯でも変わってきます。

計画的にフライを巻くのが普通なのですが・・・・いつもの“きまぐれ”なので・・・。

勝手な妄想でフライを巻きました。

フライケースにも、昔巻いたフライが何種類か有ったので・・・といつもの妥協です。

F1000007

しかし、本当に困った季節です・・・仕事は忙しいし、海にも行きたいし・・・・川も禁漁前に

行っておきたいし・・・取り敢えず準備だけはしておきましょう。

話はかわりますが、オリンピック・・・東京開催よかったですね。

1998年の長野オリンピックは、裏方で現地入りしていましたが、オリンピックは、

ワールドカップや世界選手権とは異次元のイベントだと感じました・・・・・。

これをキッカケに・・・・明るく元気な日本が戻ってくると良いですね。

2013年6月23日 (日)

宮沢賢治の故郷・・・花巻でフライを振って来ました。

入梅した岩手県も昨日、今日と晴天です。

今日は、なんとなくフライを振りに花巻方面へぶらり・・・・。

花巻温泉から更に西に入り・・・鉛温泉を過ぎ・・・豊沢ダムまで・・・そしてその奥の

豊沢川上流部へ・・・・・ダムの水が少ないので、嫌な予感はしましたが・・・やはり!

水は少ない状況です。

F1000014

川の向こうの山は、宮沢賢治の童話“なめとこ山の熊”の舞台となった“なめとこ山”です。

            

             

F1000013
丁度、なめとこ山が見える場所に案内板があります。

宮沢賢治の童話は、ボクにとって子供の頃から馴染みのある童話です。

子供の頃は、なぜか?ちょっと怖いイメージがありました。

川の水が少ないので、釣れる気はしませんでしたが、取り敢えず川に入り・・・・。

水生昆虫のハッチは盛んでしたが、ライズはありません・・・・先行者が居たので、

情報交換・・・・反応は無いようです。

最近、花巻地区でも熊が出没しているようなので、気をつけましょう!挨拶を交わして。

30分ほどフライを振ったのですが・・・なんだか怖くなってきて

(熊だけではなくなんだか背筋が寒い感じ・・・・sweat01さっさと川を上がりましたrun

山の中の川に入ると、よくこんなことがあるんです・・・なんだか怖いときが。

帰りは、気分を変えるために 鉛温泉 藤三旅館 で入浴です。 

大正ロマンの雰囲気漂う温泉宿です。藤三旅館の名物に、深さ125cmの岩風呂が

あります。有名なのでご存知の方も多いと思いますが、写真クリックで見ることができます

山から下りて来て、人と接してホットしました。

花巻と言えば、わんこそばが有名です。毎年“わんこそば全日本大会”が行なわれている

のは有名な話しですが、わんこそばで有名な“やぶや”で、まだ食べたことが無かったので

“やぶや”で昼食にすることに。

F1000012

駐車場は店の裏にあります・・・駐車場からみたお店です。表側は写真撮り忘れました。

F1000008

F1000009

ボクは、十割そばの大天ざるを頂くことにしました。

F1000010

さすがに、二八そばとは色が違います。とても美味いお蕎麦を頂きました。

花巻は、宮沢賢治縁のものが多く有り、良い温泉も多数有る良い街です。

2013年3月24日 (日)

エーデルワインの郷で・・・フライを振って来ました。

今日は、朝から晴天です・・・・昨日の予報ではいまひとつのはずだったのに・・・。

でも、晴れだから文句はありません・・・。

昨日は夕マズメでサクラをゲットし、ファイトの感触がまだ残っています。

そこで・・・・今日はフライを持って出かける事に・・・・。ポイントは決めずに家を出ました。

とりあえず今日は北に車を走らせました・・・・遠くに早池峰山が綺麗に見えます・・・。

今日は、早池峰山の麓の稗貫川をフィールドに決定!

F1000008
とりあえず、早池峰ダムまで登り・・・ワイナリーでワインでも買ってから釣りをしようと

おもって・・・・ワイナリーは、まだ営業していませんでした・・・まだ冬のようです。

F1000002

早池峰ダムは、まだ氷結しています。

F1000001


F1000009

F1000007

ワインは買えなかったけど、良い景色を見たので・・・・ポイントを探しに・・・・。

水温がまだ低いですね・・・。ボクの他に釣り人は一人・・・・情報交換したら・・・。

当然まだ水生昆虫のハッチがないので、ライズもありません・・・・。

里川に下りても反応はありません・・・でも春の日差しが気持ち良い日でした。

こんな気持ちの良い日は、川原でコーヒーでも淹れて休もうと思ったら・・・。

バーナーのガスが空でした・・・・去年使い切って充填するの忘れていましたweep

アウトドア用のバーナーのガスは高いので、僕はカセットコンロ用のボンベから、

充填して使っています。ヤフオクでゲットした便利グッズです。

アウトドア用ガス充填治具←詳しくは、ここから見に行けます。

結局今日の釣果はありませんでした・・・。でも楽しく気持ちの良い休日を過ごせました。

帰りは、ワインの代わりに遠野ビールを買って帰る事にしました。

遠野に向かう途中の峠からも、早池峰山が綺麗に見えます。

F1000017

途中で、有名な南部曲屋“千葉家”すごく大きな曲屋です。

観光客も結構居ました。遠野と言えば・・・遠野物語新版 [ 柳田国男 ]ですね。

F1000013

ボクが遠野の地ビールを買うのは、いつもここです・・・道の駅“風の丘”

いつも混んでいます。

F1000014_2

いつもこの3種類買ってきます・・・どれも美味いビールです。

     

ビール以外にも、多田克彦ブランドのウインナー等も種類豊富です。

今日は、予算が無くてビールだけ買ってきました。

帰りは、花巻方面経由でJR釜石線で有名なビューポイント“眼鏡橋”を

見て帰って来ました・・・夜はライトアップされ幻想的な光景が広がっている場所です。

F1000015
しかし、ワインを買えなかったのが残念です。

ボクが好きなスパークリングワインを紹介しておきますね。

         

岩手エーデルワインワインは、とても美味しいワインが多くあります。

1本購入につき20円が、東日本大震災の被災された方への義捐金として寄付されます。

是非一度、東北支援を兼ねてご賞味あれhappy01

2013年3月13日 (水)

2013気仙川 出陣

東日本大震災から2年が経過しました。

震災の年、川止めになる直前の5月末に気仙川に行ったときの事を思い出します。

河口から結構上流部、矢作川合流の更に上流まで津波の爪あとが残っていました。

津波に流された車が道路わきに放置され、建物は骨組みだけ残って・・・。

今の鮮明に覚えています。あれから2年経ち、川の様子を見に・・・・・。

まだ釣り人は少なかったです・・・ボクもフライを持って出かけましたが、北国岩手の3月は

フライには早いですね・・・やっぱり・・・。気仙川の上流から河口まで下ってみました。

スタートは気仙川上流域の鏡岩付近です。

F1000061

魚道付近は、まだ氷が残っています。

F1000059

F1000058

川沿いの道には、こんなに立派な木が存在感たっぷり・・力強く立っています。

F1000062

F1000065

F1000066

釣り人がいません・・・・水量が少ないからかな・・・寒いからかな?

F1000067

高圧線には気をつけましょう。

F1000068

一級ポイント付近も人が入っていません・・・。

F1000055

橋の上から川をのぞくと・・・・魚はいます。でも竿を出す気にはなりませんでした。

F1000056

人気がないまま河口まで来てしまいました。

奇跡の一本松の修復が行なわれていました。

F1000053

結局竿を出さないまま終わってしまいました。

帰りは、住田のラーメン屋さんでいつもの・・・・です。

F1000069

新メニュー登場のようです。

F1000070

ボクは結局いつものラーメンです。

F1000071

F1000077

キムチはサービスです。

開店直後から、席はほぼ満席になってしまいました。