« 第42回東北総合体育大会 カヌー競技の巻き | トップページ | トレッキング2015 栗駒山(須川コース)下山コース »

2015年7月11日 (土)

トレッキング2015 栗駒山(須川コース)

今日の天気予報は快晴!ということで早朝から栗駒山へ・・・・。

早朝????起床はAM1:00、外は満天の星空です。
今日は、岩手県一ノ関市の須川温泉コースから登る事に・・・・今日もひとりですけど・・・・。
栗駒山の麓に差し掛かると・・・・きつねと遭遇・・・子供のようでした。
丑三つ時に山でシャッターは遠慮しました。
須川温泉駐車場に着いたときも、まだ真っ暗で・・・・星空を楽しみました。
星は写らないので・・・・。

Dscf2549

三日月が輝いています・・・・。

今日の早起きの目的は・・・・静かな山で御来光を見たかったからなんです。

Dscf2552

予定通り東の空が・・・ここから、太陽が頭を出すまでが長いんですよね~っ。

Dscf2562

頭が出てきました・・・ここからは、あっ!という間です。

Dscf2570

ほらね・・・・言ったとおり、あっ!と言う間に顔を出しました。

Dscf2559

空が明るくなったら、クレーターがくっきり見えますね・・・・と、御来光も見たし。

登山道の視界も確保できたので、登り始めます。

Dscf2577

この建物は、須川高原温泉です。
温泉の前が登山道入り口になります。
立て看板に・・・熊目撃情報が・・・・山頂付近の天狗平で最近目撃されているらしい・・・。

Dscf2583

ちょっと登って振り返ると・・・赤い屋根・・・須川温泉のシンボルです。

その向こうに広がる雲海が綺麗です。

ここに居るのは、ボクひとり、何の音もしません・・・・だったら良かったのですが、

アブや蜂の羽音が凄かったです。鳥の囀りも賑やかです。

虫や小鳥の声が聞こえるのも、この山を独り占めできたからなのでしょうね。

Dscf2582

今日、最初のお出迎えは・・・・・あなたのお名前は????可愛い花です。

Dscf2586

朝日を浴びて、ちょっとオレンジが入っています。

あなたのお名前は・・・・。

Dscf2587

須川名物の“ゆげ穴”です・・・・湯気はとても暖かいというより、今日は熱かったです。

Dscf2589

登山道を進む度に、次々と・・・・。

Dscf2593

Dscf2595

目を休ませる間もなく、名残原湿原です。

Dscf2597

Dscf2600

ワタスゲも頑張っています・・・・花期が長いんですね。

Dscf2599

来た道を振り返ると・・・こんな景色です。

ボク以外誰も居ません。

Dscf2602

Dscf2607

Dscf2608

Dscf2611

Dscf2616

Dscf2612

湿原で見た、可愛い花達です。・・・・イワカガミが居ませんでした・・・見逃したかな?

花期が終わったかな?

Dscf2618

湿原から、森に入ると・・・木のも可愛い花が・・・・。

Dscf2623

山は、楽しいですね。

Dscf2624

地獄谷を抜けて昭和湖へ・・・硫黄の匂いがたまりません・・・happy01

Dscf2638

いつ見ても綺麗な景色です。

Dscf2637

奥にあるトイレは、水不足のためまだ使えません・・・山ガールは大変です。

コーヒーを淹れ、ちょっと休憩・・・・まだ独り占めの時間が続きます。

Dscf2640

昭和湖までは、トレッキング気分で楽なのですが・・・ここから少しのあいだ急登です。

登山道は整備されているので歩きやすいですが・・・・。

Dscf2642

さっきまで顔を出してくれなかった花たちが顔を見せてくれました。

標高が高くなったからなのでしょうね。

Dscf2648

いましたいましたheart04イワカガミさんです・・・咲く場所が高くなっていますね。

Dscf2650

この花も、先月は名残原湿原で見えた花ですが・・・・引っ越していました。

Dscf2652

あなたのお名前は????肉厚の花です。

Dscf2651

これは松ノ木ですよね・・・・さきっちょの赤いのは・・・まつぼっくり????なんだ???

Dscf2653

山って本当に飽きません・・・観察無しで登ったらきっと疲れるんでしょうね。

今日もぜんぜん疲れません・・・・・まだ栗駒山を独り占めしています・・・・。

でも、だんだん不安に・・・・もうすぐ天狗平です・・・・熊が・・・・熊スプレーを片手に

登り始めます。

Dscf2654

一気に視界が開け・・・天狗平です・・・熊の気配も人の気配もありません・・・。

強い風が吹き、風の音しかしません、でも景色は最高です。

Dscf2655

残雪が・・・この向こうがオバマではなく、湯浜コースです、ブナの森が続きます・・・・。

※栗太郎さんのパクリです。

写真はありませんが、はるか彼方に山形県の月山、蔵王連峰が見えます。

Dscf2664

雲が水平線のようです。

Dscf2662

天狗岩が見えてきました・・・本当に天狗みたいです・・・だからここは風が強いのか?

Dscf2666

近くで見るとこんな感じです。

Dscf2680

山頂付近では、こんな花が。

Dscf2683

こんな尾根歩きのコースもあります。

Dscf2685

はじめまして・・・可愛い花です。

Dscf2688

あなたも・・・はじめましてですね。

Dscf2718

振り返ると・・・・はるか彼方に・・・鳥海山が見えます・・・本当に綺麗な山です。

Dscf2691

山頂に到着です・・・寄り道しすぎて時間がかなりかかりました・・・・・。

山頂でやっと、人の気配を感じ安心しました・・・・。

みなさん、宮城県側のいわかがみ平から登ってきたそうです。

Dscf2693

お約束の三角点タッチで登頂完了です。

下山状況は、また今度・・・・・。

« 第42回東北総合体育大会 カヌー競技の巻き | トップページ | トレッキング2015 栗駒山(須川コース)下山コース »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
高山植物写真家の道、まっしぐらですね。
私が名前がわかった花はシャクナゲだけでした。
(山頂付近の白い花、たぶん・・・)

お月様のクレーターまではっきり写ってますねェ、どんなカメラで?
まさかスマホじゃないですよね?

須川を単独行で軽々と制覇なさるのはうらやましいです。

ナナゴさん こんにちは。 コメントありがとうございます。

すっかり山にはまってしまいました・・・高山植物は可愛い花が多いので
家族に見せたくて写真をとっています。
綺麗に撮りたくて、アングルとか考えるようになっちゃいました・・・。

カメラは簡単なイチガンレフのデジカメですが、そんなに機能の無いものなので
クレーターが写ったのは、カメラの性能ではなく、岩手の空気が写してくれたのだと
思います。

8月にはヒラメを釣りに行く予定です、魚の写真も撮りますよ~っ。

かるがもさん

午前1時に起床して、栗駒山に登山ですか・・
かなりハードな感じがします。

山頂近くの白い花のシャクナゲは、ハクサンシャクナゲだと思います。シャクナゲの背が低いのは、積雪が多く、厳しい環境で生き延びていることを示していると思います。

美しいイワカガミに会えてよかったです。

お帰りの最は、どこかで休憩してからご帰宅になったことと思います。休憩は十分に取られて、お帰りください。

弊ブログでは、これからポツポツと信州の高原の高山植物をご紹介します。
栗駒山山頂近くで見かける厳しい環境ほどで咲くものとは違うのですが・・

ヒトリシズカさん こんばんは。
コメントありがとうございました。

ボクは、本当に花の名前がわからなくて恥ずかしい限りです。
これからもよろしくお願いします。

栗駒山は(須川温泉駐車場)、自宅から2時間のところに位置します。
今回も下山後自宅に直行でした・・・2時間の距離は無意識に無理してしまう
微妙な距離なんですね・・・休憩無しで帰宅は危険ですね。
これからは気をつけます。
事故を起こしたらたいへんですものね。

かるがもさん、お疲れさまでした。

お天気のいい日に登られましたね。
うらやましいです(笑)

山頂から鳥海山や月山が見えるとお得気分になりますよね。

肉厚の花と山頂近くの白い花は葉っぱの形からハクサンシャクナゲですね。
花の色は白とピンクがあります。

岩手県ですと大船渡市、釜石市、住田町にまたがる五葉山が
ハクサンシャクナゲの群生地になっています。
ちょうど今頃が見頃のはずです。
山頂から見る海もいいですよ~!
(登山にはまり込むよう誘導しています(笑))

日の出の写真も素晴らしいですね。
その時間にそこにいた人にしか撮れないシーンですから撮影者の熱意が無いと撮れないんですよね。
ぜひ写真にもはまっていただきたいですね。

栗太郎さん こんばんは。
コメントありがとうございます。

お陰さまで、山も写真も自分的には“どっぷりハマッテイマス”
自分の身の丈にあったはまり方でちょうどいいのかな?と思っています。

引き続きよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18656/61872371

この記事へのトラックバック一覧です: トレッキング2015 栗駒山(須川コース):

« 第42回東北総合体育大会 カヌー競技の巻き | トップページ | トレッキング2015 栗駒山(須川コース)下山コース »