« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

国立天文台 水沢で 文化的に、まったり休日・・・・。

先週は仕事が忙しく、クタクタになった1週間でした。

夕べも帰宅が遅く・・・・家に着くなりホッ・・・・とした安堵感に包まれました。
ふと空を観ると、綺麗な星空でした・・・・。
ボクは子供の頃、星を観察するのが好きで、色んな星や星雲を観察していました。
今思えば、高価な天体望遠鏡を買ってくれた両親に感謝です。
今、父親となったボクが、娘に同じようにしてやれるか・・・と思うと・・・。
と 言うことで今日は、市内にある、国立天文台水沢(旧緯度観測所)の見学に行くことに。

Dscf1298_2

この写真は、明治時代の観測所の建物で、今は“宇宙遊学館”として、宇宙のことが

判りやすく、展示されている建物です。

建物の中に入る前に、天文台の庭を散策・・・。

Dscf1262_2

庭の方から見た、建物の様子です。

Dscf1263

広い敷地に・・・・大きな電波望遠鏡が・・・・真っ白で綺麗なのですが・・・迫力満点です。

Dscf1269

こんな設備・施設が家の近くにある事を誇らしく思います。

Dscf1264

こんな可愛いものもあります・・・投資額は可愛くないんでしょうね・・・。

Dscf1265

順路には、説明のボードが展示されています・・・ふむふむ・・・。

Dscf1266

ほほ~っ???!!!!なるほど・・・凄い。

Dscf1267

ははぁ~っ・・・。

子供でも判りやすくまとめられていると感じました・・・さすがです。

Dscf1270

宇宙遊学館に入って、見学料を払って・・・・。

受付のお姉さんに・・・今丁度シアターが始まったところなので・・・・。

何事か理解できないまま、暗い部屋に入れられて・・・・

(ボクの表現は乱暴ですが対応はとても親切で好感がもてましたよ・・・)

宇宙船に乗って、銀河の果てまで旅行する感じの資料でした・・・3Dでとてもリアルです。

Dscf1273

天の川銀河を通過します。

Dscf1274

太陽系を脱出しました・・・・太陽が小さく見えます。

こんな感じで、あの大きな電波望遠鏡で計測した結果を映像化しているのでしょう・・・。

今度は2階でいろいろな資料を・・・。

Dscf1275

岩手県、北上山地に招致中の“ILC”についての資料が・・・。

Dscf1276_2

実現してほしいものです・・・田舎が、一気に国際都市に変身です・・・・夢です。

Dscf1277

Dscf1278

Dscf1279

子供にもどった自分が居ました・・・。

Dscf1280

HAYABUSA の模型です。

Dscf1283

昭和天皇御視察の写真が飾られています。

Dscf1284

Dscf1288

ここにも居ました・・・風の又三郎が・・・・。

緯度観測所は、宮沢賢治が何度も訪れた場所だそうです。

童話“銀河鉄道の夜 [ 宮沢賢治 ]”にも大きな影響を与えたようです。

Dscf1286

そして、水沢といえば・・・なにかと“Z”がつく施設が多いんです。

木村榮博士による、Z項の発見で世界の水沢になり・・・。

市民会館や、市民体育館など・・・・ZホールやZアリーナと名づけられ・・・・。

Dscf1295

東日本大震災での地殻変動の資料も・・・・。

時間をかけて見学し・・・・童心に返り、満足感に浸っていると・・・・。

目の前に・・・ガチャ!!!!。

Dscf1296

迷わず・・・¥300@1回・・・開封は帰ってからのお楽しみ・・・

               宇宙飛行士のフィギアでありますように・・・・。

宇宙遊学館の受付のお姉さんと少し会話して・・・・売店では宇宙食も販売していました。

でも、ちょっと高かったので、小遣い生活者のボクはガマンしました・・・。

玄関には・・・懐かしい望遠鏡が・・・・、ボクが使っていた望遠鏡も

                             こんな感じの望遠鏡でした。

オリオン大星雲の写真や皆既月食の写真など沢山撮りました・・・。

              実家の物置に仕舞ったままかな~っ、処分しちゃったかな~っ?

Dscf1297

宇宙遊学館の向かいには、木村榮博士の記念館が・・・・・。

Dscf1299

これも、明治時代の建物です。

Dscf1303

博士の書斎です。

Dscf1305

博士の望遠鏡です。

Dscf1307

木村博士です。

Dscf1301

出てから案内板を読んで・・・・・なるほどです。

Dscf1309

この建物は、水沢VLBI観測所 本館です。

一週間のストレスを、和ませることができました。

そうそう・・・・気になるがチャの中身は・・・・・。

Cimg5404

JAXAの実験用航空機“飛翔”HISHO・・・・でした・・・宇宙飛行士ではありませんでした。

今度は絶対・・・・と思わせるほど・・・もう一度見学したい天文台でした。

2015年5月23日 (土)

栗太郎さんのブログをリンクしました。

こんばんは。

今日は、天気が良いのに・・・・残念ながら今日は家でデスクワークでした。

今も真っ最中・・・・・(仕事の要領の悪さを反省です)。

でも、そんななか、ボクが去年から発作的に始めたトレッキング?(軽登山)で

息抜きを・・・・と・・・・・。

最近、お邪魔するようになった、宮城在住の“栗太郎さん”のブログで

ボクが気になっている、“世界谷地原生花園”の近況をアップして頂きました。

なんとも嬉しい出来事でした。

これでまた資料作りに励めます・・・ありがとうございました。

皆さん、栗太郎さんのブログをリンクしましたので、是非訪ねてみてください。

トップページ右上に“東北のまん中で写真日記”でリンクしています。

ヒトリシズカさん・・・・うっかりしていました・・・・ヒトリシズカさんのブログもリンクして

宜しいでしょうか?こんなお願いのしかたは失礼と承知しておりますがご容赦下さい。

2015年5月16日 (土)

雨の朝は・・・初心に返り。。。

今日は娘の運動会、しかし・・・・雨で明日に延期です。

先日、岩手・宮城を襲った地震の影響で、製造現場は大変でした。
今日の雨は、疲れを癒すのに恵みの雨????だったかもしれません。
こんな日は、“ものづくり”に携わる人間として、初心に帰ってゆっくり昔の本を読みました。
Dscf1779
“ものづくり”の本は今まで沢山読みました・・・
トヨタ〇〇〇・・・ホンダ〇〇〇・・・・キャノン〇〇〇・・・・。
ボクの中で一番心に響いたのは、デンソーモノづくりDNAの心と考動 [ 真弓篤 ]かな。
               

                                    

2015年5月10日 (日)

釜石市 橋野鉄鉱山・高炉跡世界遺産へ

釜石市の橋野鉄鉱山・高炉跡が世界遺産登録への勧告を受けてから、

今まではひとけのないところが、一気の賑わっているようです。
ボクも例外なく気になったので行って見ました。
場所は、遠野市から笛吹き峠を越えれば近かったのですが、海が見たくて
釜石の海岸線経由で行って来ました。
釜石の小さな漁港は、今も震災の復旧工事の真っ最中です。
大槌の少し手前から山の方に入り・・・・この地域でも仮設住宅が多いことに
驚きました・・・少しづつですが復興は進んでいるのかな???。
暫く走ると標識があるので入り口はすぐわかります。
Dscf1665
道路を走っていりときは、前後に車がなかったので、あまり人が居ないのでは
と思ったのですが・・・。
駐車場は満車に近い状態で、凄い賑わいです。
Dscf1667
インフィメーションセンターも綺麗でした。
Dscf1669
資料のパネルも・・・・。
Dscf1670

Dscf1671
全部で12枚くらい・・・・詳しく説明されています。
Dscf1682
地元のおばちゃんが、テントで何か作っています・・・いい匂いが・・・・。
Dscf1683
流石に山ですね・・・熊出没注意の貼紙がいたるところに・・・。
Dscf1684
八重桜が見頃です・・・丁度桜祭りだったようです。
観光バスも数台止まっていました。
Dscf1685
高炉跡に向かって少し登っると・・・駐車場は思ったより広く整備されています。
Dscf1686
ツツジも綺麗です。
Dscf1687
駐車場から、高炉跡までは300mくらい歩きます。
Dscf1689
カレーやさんもあります・・・今後世界遺産登録に向け、お店も増えるのでしょうね。
Dscf1691
近くの見どころを紹介したボードです。
Dscf1692
ひょっこりひょうたん島(蓬莱島)です。せっかく来るなら浜べの料理宿 宝来館なんて
お勧めですね・・・評価は良いようです・・・ボクは近すぎて泊まる機会はなさそうです。
Dscf1697
高炉跡に向かう道路沿いには綺麗な渓流が流れています。
鱒族の魚影が濃そうです。
さっきのカレー屋さんで、遊漁券を販売しています。
Dscf1698
釣りのポイントも沢山ありそうです・・・・フライを振ってみたいところです。
Dscf1699
案内図です。
Dscf1700
凄く大きな石を積み上げて造られたもので、テレビで見るのとは迫力が違います。
見に来て良かった・・・・・。
Dscf1701
道端には、可愛い花も咲いています。
Dscf1703
森林浴と・・・・いろいろ楽しめる場所です。
Dscf1708
高炉が見えてきました。
Dscf1709
一番高炉というものです。
Dscf1711
高炉には、必ず水車が付いていたようです。
Dscf1715
高炉横には水路があり、水車跡もあります。
Dscf1714
2番高炉です。
Dscf1716
水車を回すための水路の跡です。
Dscf1727
3番高炉です。
赤いジャンパーを着ている方は、ガイドさんです(ボランティア)。
丁度テレビ岩手の取材のようです。
Dscf1721
神様が祀られています。
Dscf1722
奥のほうには・・・・岩から立派な木が3本生えています・・・。
Dscf1724
ガイドさんが親切に説明しています。
Dscf1730
Dscf1732
本当に桜が綺麗です。
道路沿いにも、八重桜の苗木がかなりの本数が植樹されていたので・・・
数年後は桜の名所になるんでしょうね。
Dscf1735
インフォメーションセンターに戻ると・・・・丁度とんじるが振舞われていました。
Dscf1734
ボクも、一杯 頂くことができました・・・・今日は寒かったので、身体も温まるし
美味しいし・・・・ご馳走様でした。
帰り道・・・・遠野でSL銀河の通過時間と合いそうだったので・・・・道端に車を停めて・・・。
S0021751
汽笛の音がいいですね・・・・。
S0021769
S0061773
通りがかりの車は・・・殆ど停車してSL銀河に見入っていました。
SL銀河は土曜日は花巻から釜石まで片道運行で、翌日の日曜日が
釜石から花巻までの片道運行です。
三陸復興に向け、いろんなイベントが企画されています。
是非一度三陸においで下さい。

2015年5月 6日 (水)

トレッキング2015 世界谷地原生花園

今日は連休最終日・・・明日からの仕事に備えて体調を整える予定・・・・・・・・でした・・・が!

今朝も快晴・・・じっとなんかしていられません。
まずは、日課のランニング・・・・。
Img_0928_800x600
田植え前の水田には水が張られ・・・・今日は水面が鏡のようです・・・風一つありません。
Dscf1659
 
栗駒山も綺麗に見えます。
ママと娘は、友達と映画を見に行く・・・と言っていたので・・・・しめしめ・・・・です。
帰宅後、即準備して栗駒山方面へ・・・・・“ママッ!山行って来るね~っ。
Dscf1543
駐車場には誰も居ません・・・・初めての場所なので・・・少し不安に・・・・。
Dscf1544
まずは、案内板を確認・・・・。
Dscf1546_2
第一湿原まではすぐ近くです。
Dscf1609
これを見て、ますます不安に・・・・熊鈴と、スプレーを携行して・・・。
       

                        

 

Dscf1548
 
湿原の入り口はこんな感じで、少し急な上り坂です。
Dscf1550
 
ブナの森を抜け
Dscf1605
こんなに立派なブナが・・・・。
Dscf1553
 
残念ながら第2湿原には入れません。
2008年の宮城内陸地震で地盤が緩み、木道も壊れているそうです。
Dscf1555
案内板が分かりやすく設置されているのも有り難いです。
Dscf1557
水芭蕉が出迎えてくれました。
Dscf1558
残雪です。
Dscf1559
木道が見えてきました・・・期待が膨らみます・・・。
Dscf1562
少し進むと・・・・。
Dscf1563
一気に視界が開けます・・・。
でも、水芭蕉や可愛い花達の姿が見えません・・・・そうなんです・・・・時期がまだ・・・・。
Dscf1564
よ~~っく目を凝らしてみると・・・いました・・・・可愛い花が・・・。
Dscf1566
Dscf1568
 
Dscf1585
 
Dscf1586
 
Dscf1590
残雪の栗駒山です・・・・。
Dscf1572
Dscf1588
 
Dscf1593
 
Dscf1589
花の時期には早かったですが・・・・とても綺麗なところでした。
定期的に訪れたいところです。
Dscf1613
花の時期はこんな風になっています。
このスケジュール感・・・・忙しそうです。
Dscf1615
山を下りる途中に立派な八重桜が・・・・。
Dscf1618
途中で見かけた看板です・・・。
昭和46年に、日本で初めてイワナの養殖に成功した養魚場で。
栗駒山の麓で、できるだけ自然に近い状態で育てているそうです。
岩魚釣りを楽しんだあとに、併設している「岩魚の館」で
新鮮な岩魚を調理して食べる事ができるんです・・・・。
残念ながら、下山が早かったので営業前でした。
Dscf1623
折角栗駒山山麓まできたので・・・・いわかがみ平に行くことに・・・。
ちょっとだけ、雪の回廊気分です。
Dscf1640
なんだか賑やかです。
Dscf1626
ソリ遊びをする子供達・・・・。
Dscf1633
スノーボードで遊ぶ人たち・・・・。
Dscf1634
登山道は、雪に覆われています。
Dscf1635
こちらのコースの雪で覆われています。
Dscf1636
迷わないように、入り口の案内板が・・・・。
残念ながら、今日は装備が不十分だったので・・・・諦めました。
Dscf1641
やっぱり登っている人がいました・・・・今日は絶対気持ちいい筈です・・・。
Dscf1645
いわかがみ平からの眺めです。
写真の中央付近が、世界谷地原生花園です。
左下の銀色の建物は温泉です。
Dscf1648

栗駒温泉 ハイルザーム栗駒です。日帰りも宿泊もできます。

Dscf1649
ここは、なんと言う名前の温泉だったか???。
Dscf1650
近くには、こんな滝もあります。
Dscf1657
昼前に帰宅・・・・明日からの仕事にそなえて・・・まったり。

2015年5月 5日 (火)

トレッキング2015  室根山で足馴し

今日は、岩手県一ノ関市大東町にある室根山に登ってきました。
室根山は、標高895mの山で気軽に登れる山です。
車で山頂まで行くこともできます・・・・今日はちゃんと歩きました・・・・・。
Dscf1533
中腹の駐車場に車を止めて・・・ルートを確認。
ある程度整備された登山道(遊歩道)があるので安心して登れる感じです。
※自動車道も舗装されていて道幅もあるので、車道を登ってもいいかも???。
でも、油断は禁物です。
一歩 谷に迷い込むと、低山とはいえ危険です。
しっかりルートを確認・・・です。
Dscf1539
中腹は、ツツジが咲き始めました・・・来週くらいが見頃かもしれません。
Dscf1535
綺麗なオレンジ色です。
Dscf1531
こんな感じの案内表示です。
Dscf1514
牧場では、牛が放牧されています・・・・柵には注意です   さわったらビリビリですよ。
Dscf1538
山頂が見えます・・・・電波塔と天文台があります。
Dscf1529
下界は、霞んでいます・・・・“やませ”ではありません。
Dscf1521
噂には聞いていましたが・・・・宮城県気仙沼が見えます・・・海も薄っすら見えます・
湾の向こうに見えるのは、唐桑半島で・・・岩手と宮城の県境になります。
東日本大震災で、気仙沼市街地は火災に見舞われました・・・・。
そのとき、どんなふうに見えたのだろう・・・二度と起きて欲しくない災害です。
Dscf1516
一人でもくもく登ったので・・・山頂まではそんなに時間がかかりませんでした。
山頂の天文台です。
ここから観る星空はきれいでしょうね・・・。
Dscf1525
室根山には、オートキャンプ場もあります。
山頂からの海の眺めは絶景でした・・・残念ながら、雲に覆われ写真は撮れませんでした
帰りは、自動車道を走って下山することに・・・。
ちょっとだけ、アスリートの振りをして頑張ってみました。
下りのランニングは膝を壊さないように注意が必要です。
膝に衝撃を掛けないよう工夫して走るこつを習得するのが今日の目的でした。
でも、下山する頃には・・・・やっぱり痛くなっていました。
下山後・・・お腹もすいたので・・・一ノ関市川崎町に美味しいお蕎麦屋さんがあるので・・・。
麺工房 いより  というお店で、 うどんと蕎麦のお店です。
Img_0920_800x600
天ザルとおいなりのセットです。
Img_0922_800x600
蕎麦湯は“どろっ”!!としているタイプです。
ボクは“さらっ”としているより、“どろっ”した蕎麦湯が好きです。
明日は連休最終日です・・・・何をしようか?

2015年5月 4日 (月)

みちのく潮風トレイル・・・久慈市区間でまったりのつづき・・・。

昨日の続きです。
車で、北山崎に向かう途中で、道の駅 野田に立ち寄りました。
Dscf1475
この道の駅は、三陸鉄道北リアス船の駅にもなっています。
野田は、塩が有名です。
Dscf1473
昔、塩を牛に積んで運んだんです。
塩の道・・・は全国に沢山ありますが、岩手にもあったんですね。
ミネラルたっぷりで美味しい塩なので、一つ買って・・・・。
          

                                     

次は、黒崎灯台に立ち寄り・・・・北緯40度に位置します。
Dscf1477
丁度、安比高原スキー場と同じ緯度になります。
Dscf1478
奥に進むと、綺麗な灯台があります。
振り返れば・・・・・????。
Dscf1480
大砲が、海に向かって・・・・。
Dscf1479
写真クリックで大きくなりますのでお読み下さい。ふむふむ・・・です。
そして、いよいよ北山崎へ。
Dscf1490
大きな展望デッキが岬から張り出しています・・・・ちょっと怖いかも・・・。
Dscf1499
断崖が続き・・・・本州最東端の地でもあります。
Dscf1491
やませで海は見えません・・・辛うじて断崖は見えます。
Dscf1492
沖の方は・・・やませが雲海のようです・・・・空との境界線に一本の線が・・・。
Dscf1494
断崖にやませが迫ります。
Dscf1498
高所恐怖症の方には・・・・。
Dscf1502
八重桜が見頃です。
Dscf1504
だいぶ遅い昼食になってしまいました・・・・。
頑張って歩いた ご褒美です。
ちゃんと腹八分目です。

2015年5月 3日 (日)

みちのく潮風トレイル・・・久慈市区間でまったりGW

今日は連休3日目です。

今朝は早起きして、あまちゃん・・・で有名になった岩手県久慈市へ・・・・。
目的は、みちのく潮風トレイルです。
と言えばカッコイイのですが、暇だったので・・・。
と言っても自宅から190Kmも離れているので、折角行くからには満喫しないと・・・。
久慈に向かう途中で、葛巻を通るのですが、葛巻ワインの町で、ワイナリーがあります。
Dscf1406
     

                              

とても美味しいワインなので是非味わって頂きたいものです。
そして、平庭高原という白樺の綺麗な高原を超え、久慈市に入ります。
駐車場を見つけて・・・・。路線バスで市内から北上してみました。
ボクは久慈地域は土地勘がないので詳しく説明できないのが残念ですが・・・・。
海岸線近くを南下し、道の駅久慈に立ち寄り・・・・。
Dscf1427
連休真っ只中・・・駐車場に入れない車で渋滞しています。
Dscf1408
あまちゃんが出迎えてくれます・・・じぇじぇじぇっ~っ・・・・です。
今となっては懐かしい響きです。
Dscf1428
久慈では、まだまだ現役のポスターです。
Dscf1414
AKB48の神7・・・・まさかボクがセンターは遠慮して・・・・。
Dscf1409
久慈のお祭りは凄い山車があるんですね・・・・しばらく祭りのビデオを拝見・・・・。
Dscf1413
恥ずかしながら、ボクは“あまちゃん”のドラマを見た事がないので
ストーリーを知りません・・・でも人気度は分かっているつもりです。
出演者の似顔絵です。
Dscf1417
道の駅の前には“レトロひろば”という横丁があります。
飲食店が軒を連ねるのですが、AM10:00頃には、全て完売致しました・・・の貼紙が・・・・。
雲丹丼や、魚介の串焼き等・・・・残念でした。
Dscf1419
街の中では市が開かれています。
Dscf1420
カレイ類の干物です。
Dscf1421
Dscf1424
ソイ、アイナメ、タナゴなどなど・・・。
実はボク、昨日は釣りの予定だったんです。
恥ずかしながら、前の晩 呑みすぎて・・・・寝坊して・・・・行けませんでした。
Dscf1425
タコです・・・太くて立派な足です・・・・奥の方にはエラの煮つけが・・・・・。
お店のおばちゃんにご馳走になってしまいました・・・・。
突然の差し入れに、写真を撮り忘れ・・・・。
Dscf1423
ほやです・・・・これも剥きたてをご馳走になってしまいました・・・・。
ビールが欲しくなりました・・・・でもガマンです。
市街地を歩き進み・・・どれくらい歩いたでしょう・・・・10Kmは歩いたでしょうか。
北限の海女、そして、あまちゃんのふるさと・・・小袖海岸へ・・・。
Dscf1429
港では、釜揚げ白魚を天日干ししています。
漁家のおばちゃんと会話しながら、一つまみ頂きました・・・・。
ここまでの食材にかかったお金は“ゼロ”です。なんとも有り難いことです。
Dscf1434
朝とりの白魚を釜揚げする大きな釜です。
Dscf1435
発祥の地です。
Dscf1436
読んでいるうちに、急に寒くなってきました・・・・。
Dscf1432
やませです・・・周囲が急に白くなてきました。
Dscf1441
港の奥の方には・・・凄い岩があります。
Dscf1438
さっぱ船での遊覧を楽しんでいるようです。
Dscf1442
ここでも良い匂いが・・・・。
Dscf1464
名物のまめぶ汁を頂きました・・・ちゃんとお金は払いました。
Dscf1443
海面を見下ろす大勢の人が・・・・まさかこの寒さで海女ちゃんが漁をしていないよな?
Dscf1458
水面に顔を現したのは・・・・。
Dscf1460
イケメンです。  一生懸命雲丹をとっていました。
取立て雲丹は1個500円で食べれるようです・・・。
Dscf1459
一度 潜るとなかなか上がって来ません。
Dscf1450
さっきの大きな岩のところに来ました。
夫婦岩と言うらしい・・・・看板に書かれていることを良く読んでくださいね。
三陸大津波にも耐えたそうです。
Dscf1451
祠が・・・・。
Dscf1456
やませの霧が少し薄くなりました。
夫婦岩の大きさは迫力です・・・・軽トラックの大きさと比べてみてください。
Dscf1461
さっきの南部もぐりの所に戻ると・・・海女さんたちが忙しそうです・・・・。
水揚げされた雲丹の販売準備・・・・売り始めたら買おう・・・・。
ちょっと目を離した隙に完売です。
Dscf1462
あっ!!海女ちゃん・・・。
Dscf1466
かわいい海女ちゃんでした・・・・お土産に、この娘がいるお土産やさんで
“じぇじぇじぇっ”と書いた手ぬぐいを買いました。
手ぬぐいは、トレッキングの必需品なんです。
Dscf1469
小袖海岸の散策を終え・・・次は北山崎方面へ・・・・。
綺麗な海岸線が続きます・・・・さっきまでのやませは、どっかに飛んで行きました・・・。
Dscf1470
と喜んでいる間もつかの間・・・またやませが迫ってきます。
ボクの今日の“みちのく潮風トレイル”はここまでです・・・・北山崎までは時間がなくて
歩けません・・・。駐車場に車をとりに行き・・・北山崎に向かいました。
今日は疲れたので、この続きはまた後日・・・・ではおやすみなさい。

2015年5月 2日 (土)

トレキング2015  栗駒山下見・・・の巻

ゴールデンウイークも始まりました。

夕べは呑みすぎて今朝はゆっくりの目覚めでした。

今日も晴天です・・・・じっとしていることができないボクは・・・・。

先日栗駒山に通じる道路が冬の通行止め解除になったことを思い出し・・・・。

山開きは来週なのですが・・・・とりあえず下見に・・・。

Dscf1342

まだ、ところどころ残雪が・・・。

Dscf1345

雪ノ下を沢が流れています。

Dscf1346

可愛い花達が・・・・。

Dscf1347

Dscf1348

Dscf1352

Dscf1353

Dscf1351

ブナの森も雪解け・・・・・新緑が気持いいです・・・・鶯の囀りが・・・・。

Dscf1354

山の桜も見頃です。

Dscf1355

雪解けで、あちらこちらに滝ができています。

Dscf1361

Dscf1399

須川高原に到着です。

Dscf1363

まだ、こんなに残雪が・・・。

Dscf1364

駐車場は、略満車状態でした・・・山開きまえなのに・・・。

温泉は営業再開したので、宿泊客のようです。

Dscf1395

須川観光ホテルです。

Dscf1398
遥か彼方に、栗駒山山頂がはっきり見えます。
Dscf1369
足湯です・・・・少し熱めのお湯ですが、最高に気持良かったです。
Dscf1367
この足湯は源泉から流れています。
源泉掛け流しではなく、源泉流れっぱなしです。
Dscf1375
こんな感じで流れています。
Dscf1382
これが源泉でしょうか?
Dscf1387
お宮があります。
Dscf1385
Dscf1366
かなり ゴッツイ岩があります・・・・。
山開きが待ち遠しい今日この頃です。
登山道を少しだけ登って、軽いトレッキングで今日は終了です。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »