« 栗駒山トレッキング | トップページ | 今日は地獄をぶらり・・・。 »

2014年10月12日 (日)

栗駒山トレッキング 2回目

今日は3連休の中日です。

昨日は今シーズン2回目の栗駒山へ・・・・天気予報は快晴予報です。

起床はAM4:00 4:30に玄関を出ると、空には月が輝き満天の星空・・・・・とても寒い朝です。

先週は岩手県側の須川温泉から登りましたが。今回は宮城県側から登ることに・・・・。

日の出前に登山口の かがみ平に到着。

Cimg4539_2

レストハウスが朝日に照らされいます・・・・でも開いていません。

Cimg4541_2
かがみ平からの登山道は、山頂近くまで石畳が整備されていて初心者でも

気軽に登れるコースです。

Cimg4543_2

Cimg4544_2
青空を背景に赤が映えます・・・でも先週がピークだったかもしれません。

2週続けて栗駒山に登るのは、是非秋田の独立峰“鳥海山”を見たいから・・・・・。

この晴天は期待できます。

Cimg4545_2
しばらく歩くと・・・・え~っ・・・厚い雲が山頂付近を覆い隠します・・・。

Cimg4547_2

でも・・・・また晴天・・・・。

Cimg4552

今度は低いところまで厚い雲が・・・・。こうなると足元を見て楽しむしかありません。

Cimg4557_2

Cimg4562_2

Cimg4565_2

Cimg4567_2

苔類をこんなに観察したことは今までありませんでした・・・綺麗ですね、苔って・・・。

Cimg4568_2

山頂直前の階段です、完全に雲に視界を塞がれています・・・しかも寒い!雪降りそう!

Cimg4573_2

山頂で、ママに作ってもらったお弁当を食べ休憩・・・・一瞬の晴れ間を期待して・・・・。

Cimg4571_2

山頂の三角点にタッチ・・・晴れる気配はありません・・・どんどん気温も下がっています。

今日も鳥海山は諦めて下山することに。

Cimg4574_2

下山は、東栗駒コースを選択・・・春から夏にかけお花畑が広がるコースです。

今は、草紅葉が広がります。

Cimg4583

晴れていれば・・・一面 輝いて見えるのに・・・・。

Cimg4593
こんなに大きな岩も点在します。

Cimg4605_2

尾根歩きでは、風が強くて一歩を踏み出すのが大変でした。

草たちも風に煽られ倒れています・・・・本当に強い風で不安になりました。

Cimg4607

視界が開けて来ました。なんだか後ろ髪を引かれる思いで下山。

Cimg4611
一部沢下りのコースもあります。

Cimg4615
気持の良い流れです。

Cimg4621

ボクが下山後半に差し掛かると、人がポツポツと・・・登り始めてきました。

爽やかな挨拶を交わし、山の状況を伝えながらゆっくり下山。

渓の深みには、岩魚の魚影が見えました。

Cimg4623

ボクのように単独で登る人も・・・。

Cimg4620

今日も、たくさんの山ガールが・・・本当カワイイですよ自然の中で遊ぶ女性は・・・。

Cimg4630

Cimg4634

ゴール近くから、山麓の景色を・・・。

Photo

今回の行程です・・・。

須川コースより楽なコースですが、登るならお花畑が鮮やかな春からかな。

« 栗駒山トレッキング | トップページ | 今日は地獄をぶらり・・・。 »

トレッキング」カテゴリの記事

コメント

かるがもさん

 栗駒山に2週続けて登られるとは、大したものです・・。栗駒山はそれだけ楽しめる山のようですね。山麓は秋の気配が濃厚で、秋本番の雰囲気です。

 健脚のかるがもさんは、山頂まで軽く到達し、下山されたご様子です。今はやはり紅葉見物の方が多いのでしょうか。

 その内に初冠雪し、冬山模様に変わっていくのでしょうね。

ヒトリシズカさん、コメントありがとう御座いました。
栗駒山は、岩手の山の中でも登山気分を味わいながら、初心者でも気軽に登れる山です。
そのため、老若男女多くの方が訪れます。
冬山をスキーで下りるのと、山を登るのでは・・・登るのは疲れますね。
でも、スキーの選手時代に山には人より多く足を運んでも景色を見る余裕が無く、
今度は、山を誰と競う訳でも無くゆっくり登りながら景色を見る楽しみを覚えました。
ヒトリシズカさんのブログで自然の風景や生物・植物を見る楽しみを教えて頂き
楽しみが増えました・・・ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18656/60466860

この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山トレッキング 2回目:

« 栗駒山トレッキング | トップページ | 今日は地獄をぶらり・・・。 »