« 大瀧詠一さんのご冥福をお祈りします。 | トップページ | スキー2013-14 13回目 国見平スキー場 »

2014年1月11日 (土)

スキー2013-14 11回目 国見平スキー場

昨日から大雪です・・・日本海側の秋田県はもっと大変なことでしょう・・・・。

雪国生まれで長く住んでいても・・・・大雪は勘弁です。

今日もスキーに行くために、早朝から雪かきです・・・・。

降雪量(積雪量)と汗の量は比例関係にある事をご存知ですか?

(今思いつきで書きました)

でも本当に今日は大汗をかいたので、スキーに行く前に着替えです。

スキー場に向かう途中も雪で前が見えにくい状況です・・・一瞬太陽が顔を出し・・・・。

“菊の滝”のかんばんが・・・・雪化粧した滝でも見てみるか!!

Cimg2931_1024x768

車を停めて・・・。

Cimg2930_1024x768

水墨画のような景色です・・・しかし今日は寒い・・・。

スキー場へ向かう道路脇の雪の量が増えています・・・。

Cimg2928_1024x768

普通乗用車の屋根の高さより高く積もっています・・・。

Cimg2927_1024x768

今日はズーット雪降りです・・・・遊ぶには最高の雪でしたが、ボクはレースに向けて

硬めの雪で滑りたい・・・・今日は1時間滑って終わりです。

最近はズ~ッと仕事が忙しかったので家に帰ってマッタリする事にしました。

家の近くにある珠玉の湯 薬師堂温泉に行って・・・・。

サウナで今日2回目の大汗をかいて・・・丁度良い感じでヘロヘロに・・・。

家に帰ったら当然ビールです・・・・・今日のビールはプレモル、おつまみは“エンガワ”で。

           

              

« 大瀧詠一さんのご冥福をお祈りします。 | トップページ | スキー2013-14 13回目 国見平スキー場 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

かるがもさん

お住まいの地元は、降雪地帯ということがよく分かる画像が並ぶ御ブログです。雪かきが不可欠な世界ですが、その分、スキーなどを存分に楽しめるようです。

長野の佐久市の山の中は、一度降雪すると、気温が高いので翌日は積雪表面が固い氷になります。道路ですれ違う際に、1車線分しか除雪していない道路では、固い部分に乗り入れるので、ボディー脇が心配になります。急な坂も、日差しが強くないと、アイスバーン部分で、車のABSが働いて驚きます。音に驚きます。

アナゴさんのブログへのコメントで、車が道路脇に落ちているというような表記がありました。雪道慣れしている方々でも、スタッドレスタイヤでもアイスバーンでは滑るのでしょうか。

1月15日の朝は、首都圏は少し雪が降る可能性があるとの天気予報が出て、緊張が走りました。数センチ雪が降ると、首都圏の交通網は多大な影響が出るからです。岩手県の方々からみれば、お笑いの降雪量なのですが!?

ヒトリシズカさん こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
首都圏が大雪で交通網が麻痺することは、雪国に住んでいるボク達にとって、
決してお笑いではありません・・・・。
雪国に住んでいるからこそ雪の楽しみ方と裏腹に怖さもわかっています。
11月下旬に雪が降ると、ボクも焦ります・・・・雪に対しても、備え有れば憂いなし!
ですね。冬に出張で東京や名古屋に行ったときに、当地の皆さんには・・・・。
岩手に比べれば寒くないでしょう?と、よく言われますが・・・寒いものは寒いですよ!
といつも返事しています。
雪国育ちでも、やはり雪道の運転はできればしたくないものです。

ボクが住んでいる地域の除雪技術が素晴らしいので安心して運転できることは幸せです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18656/58924700

この記事へのトラックバック一覧です: スキー2013-14 11回目 国見平スキー場:

« 大瀧詠一さんのご冥福をお祈りします。 | トップページ | スキー2013-14 13回目 国見平スキー場 »