« 寒い朝、外は真っ白、今日はローラースキーのメンテの日。 | トップページ | 下の畑ニ居ります・・・羅須地人協会 »

2013年12月 9日 (月)

スキーメンテナンス  ブラッシング編・・・。

今シーズンは夏からワックスを何度も塗っていたので、先週の初滑りでのコンディションは

最高の状態と言っても良い感じに仕上がっています。

ワックスが雪質や温度にマッチしている事も大切ですが、何度も重ねて塗り続ける事が

確実に滑る板を作る上で大切な作業になります。

塗っては剥がし・・・そしてブラッシング・・・・ボクは今年ブラッシングに拘ってみました。

使っているブラシは・・・ガリウムのボア→ナイロン→馬毛の順番に使っています。

①スクレーピング後にボアブラシで・・・ワックスの粉が出なくなるまでブラッシング!

滑走面の状態に注目してみてください。

Cimg2678

②ボアブラシの次はナイロンブラシで・・・・。

滑走面の状態に注目してみてください。

Cimg2680

③ナイロンブラシの次は馬毛で・・・・滑走面の状態の変化・・・わかりますか?

最後の仕上げは・・・名前忘れました???静電気を除去しながら埃やワックスのカス

を綺麗に取り除いてくらます。

Cimg2682

左から、ボア・ナイロン・馬毛です。

Cimg2683

使っているうちにブラシにワックスのカスが付着して取り難くなってきます。

そんなときは・・・。ガリウム GALLIUM ブラシクリーナー でクリーニングします。

Cimg2686

ちなみに・・・今年準備したワックス達です。

Cimg2688

高フッ素含有ワックスが主流の時代、クリーナーはガリウム GALLIUM フッ素クリーナー

愛用しています。ボクが使っているものは非売品なのでパッケージが違いますが、

ちぇんと市販されています。

Cimg2696

お店で買うのは、品揃えが無かったり意外と大変ですが、ボクはeSPORTS楽天支店

を利用する機会が多いです。

品揃えも豊富だし、送料無料の設定金額の低さが魅力です。

ワックスは、とにかく何回も重ねて塗りましょう!高価なワックス1回塗るより

滑る板に仕上げることができます。

« 寒い朝、外は真っ白、今日はローラースキーのメンテの日。 | トップページ | 下の畑ニ居ります・・・羅須地人協会 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18656/58727095

この記事へのトラックバック一覧です: スキーメンテナンス  ブラッシング編・・・。:

« 寒い朝、外は真っ白、今日はローラースキーのメンテの日。 | トップページ | 下の畑ニ居ります・・・羅須地人協会 »