« キス釣り 2013 仕込み編 | トップページ | キスの中骨・・・完成しました。 »

2013年9月15日 (日)

稲庭うどん 七代佐藤養助総本店

今日は、稲刈りを少し手伝うつもりで、実家にいったのですが台風の影響で雨です。

実家に行ったときは既に刈り取りをしていました。

今日は、自宅用の天日干しの分が対象です、出荷分はコンバインで後日一気に!

Cimg2068

実家の米の品種は、“ひとめぼれ”です。自宅用は無農薬で栽培しています。

肥料は、母親の友人の酪農家(前沢牛を肥育しています)から床藁を貰っています。

実家の藁→酪農家の床藁→実家の肥料というサイクルが出来上がっているようです。

今年の稲の状態は、藁が長すぎて米の出来栄えが気になります(父親談)

雨が強くなってきたので、農作業はやめて・・・ボクの出番はありませんでした。

稲庭うどんを食べに秋田に行くことにしました。

奥羽山脈の峠を越えて・・・時間に余裕があったので回り道をすることに。

岩手、宮城、秋田3県に跨る栗駒山の須川温泉を目指します。

途中で仙人水なる“かんばん”が・・・結構水汲みに来る人が多いのに驚きました。

Cimg2078

飲んでみたら、すごく柔らかい水でした。暫く走ると・・・。

須川温泉に到着、雨は小降りです。

Cimg2081

硫黄の匂いが凄いです・・・源泉から流れる温泉の小川?です・・・湯花で真っ白です。

Cimg2085

Cimg2087_2

Cimg2086

囲いの中は露天風呂です、以前に入湯したことがあるんですが、天気の良い日は最高!

紅葉の時期に、お風呂セットを持って来よう・・・・。

山は、既に色づき始めていました、生憎の天気で写真に収めることができませんでした。

山を降り、小安峡温泉を経由して・・・。

Cimg2102

とても綺麗な峡谷で、渓流沿いから温泉(蒸気)が噴出しています。

この写真は、峡谷に掛かる橋の上から覗き込んで撮影しました・・谷が深くて怖かった。

稲庭に到着!稲庭うどんのお店は沢山あります。

Cimg2118

今日入ったお店は、七代佐藤養助総本店です。

Cimg2106

3連休の中日・・・混んでいます。

Cimg2111

“二味天せいろ”を注文(2段お願いしました)タレが2種類付いて来ました

麺がつやつやです。

Cimg2112

てんぷらも美味しかったです・・・今晩キスの天ぷらじゃないよな?と思いながら。

Cimg2113

総本店は、工場見学ができます。

Cimg2115

リアルだけど、この写真は人形です・・・・言わなくても分かるかcoldsweats01

Cimg2116

こちらが本当に作業しているところです・・・テレビで見たまんまです。職人技!

Cimg2117

今日も美味しい麺を頂きました。
Cimg2119

一子相伝、門外不出の技 七代佐藤養助 稲庭うどん

楽天でも買えます。

« キス釣り 2013 仕込み編 | トップページ | キスの中骨・・・完成しました。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

かるがもさん

ご実家の田んぼは稲刈りを済まされていて、台風18号の被害がたぶんなく、よかったですね。

さて、宮城県と岩手県、秋田県にまたがる栗駒山には、約40年前の夏に宮城県側に行ったことがあります。この時は、ランプの宿にハガキで宿泊予約を出し、未舗装の山道を約1時間歩いてたどり着きました。発電機による電灯は3時間だけ点灯しました。現在は、この宿はどこにあったかは分かりません。

今年、栗駒山の世界谷地原生花園まで舗装道路で行けるようになっていて、40年間の変化に驚きました。
URL=http://blog.goo.ne.jp/marumasamaru2010/e/7fa66da25a74a890472034781b04a736

栗駒山には、有名な温泉・スキー場がいくつかあり、道路ができて簡単に行けるようになっています。これからは紅葉のシーズンですね。

さらに、栗駒山を超えて秋田県側に行って稲庭うどんが食べられるのですか(このお店の系列は銀座と日比谷にもあるようです)。便利な時代になったと、つくづく感じます。

秋の釣り、冬のスキーをお楽しみください。

ヒトリシズカさん

こんばんは、コメントありがとう御座いました。
ヒトリシズカさんが訪れた世界谷地原生花園には、岩手に住んでいながら
未だに行ったことがありません、ボクも年齢を重ね、最近山登り?山歩きに興味を
持って来ました。今回ヒトリシズカさんに紹介頂いたURLから拝見した景色は綺麗で
行ってみたいという思いがつよくなりました。
ボクは今までスキーで山に行く機会は多かったのですが、山を滑り降りることと
技術を磨くことに夢中で、まわりの景色の印象がまったく残っていません。
スキーが競技から趣味に変わってきた今では、山の景色を楽しみたいと思います。
山登りは、仕事にもう少し余裕ができてからになりそうですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18656/58197174

この記事へのトラックバック一覧です: 稲庭うどん 七代佐藤養助総本店:

« キス釣り 2013 仕込み編 | トップページ | キスの中骨・・・完成しました。 »